日経BP社

がんナビReport「がん患者のための臨床試験の話」より

 

 

「臨床試験に参加しませんか」―。がんの治療中、担当医にそう声をかけられたり、ポスターやチラシを目にしたりしたことはないだろうか。「臨床試験って興 味はあるけど、なんだか怖い」「人体実験のようなものではないか」と思っている人もいるかもしれない。臨床試験は何のために実施されるのか、参加するとど んなリスクとベネフィットがあるのか―。がん患者が知っておきたい基礎知識をまとめた。(福島安紀=医療ライター)

 

Vol.1 臨床試験ってどんなもの?(2011.09.27)


Vol.2 臨床試験の情報はどうやって集めればいい?(2011.10.11)


Vol.3 実際に臨床試験に参加したら、どう進む?(2011.10.25)


Vol.4 取り残される日本のがん治療薬開発(2011.11.08)


Vol.5 新薬開発を進めるために患者ができること(2011.11.22)

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider