PanCAN Basic Research Award(基礎研究賞)

 膵臓がんの基礎研究において功績のある方に授与する。

PanCAN Clinical Research Award(臨床研究賞)

 膵臓がんの臨床分野において功績のある方に授与する。

PanCAN Young Investigator Award1位(若手研究者賞)

 35歳以下を対象に、膵臓がんの分野で先進性のある研究をしている方に授与する。

 

 

 

 今年度の受賞者(第51回日本膵臓学会大会)

基礎研究者賞(PanCAN Basic Research Award)
佐野 誠   
東 京大学大学院 医学系研究科 消化器内科学
「血漿sVCAM-1とANP上昇は膵癌関連血栓症/血栓塞栓症の危険予測因子である」

臨床研究者賞(PanCAN Clinical Research Award)
佐上亮太
大分三愛メディカルセンター 消化器内科
「リスク複合を考慮した膵癌診断スコアリングシステムの前向き研究-Stage 0癌の診断率-」

若手研究者賞 一等賞(Young Investigator Award First Place)
杉森 慎
横浜市立大学 消化器内科学
「膵癌ゲノム診療におけるctDNAモニタリングの意義」

若手研究者賞 二等賞(Young Investigator Award Second Place)
宮原洋司 みやはら
千葉大学大学院医学研究院 臓器制御外科学
「分泌糖蛋白Prosaposinの膵癌転移における役割」

若手研究者賞 三等賞(Young Investigator Award Third Place)
梅澤早織
聖マリアンナ医科大学 消化器・一般外科
「膵頭十二指腸切除術におけるフレイル予測のためのPhysical Aging (PA) score」

 

 

 ■パンキャン賞設立の経緯とこれまでのパンキャン賞の受賞者

 「国際膵臓癌シンポジウム」(International Symposium on Pancreas Cancer 2012)
2012年10月4日 パンキャン本部のジュリーフレッシュマン代表により、パンキャン賞が初めて日本の膵臓がん研究者に授与された。初年度は、基礎研究者賞と臨床研究者賞の2つの賞が国際膵臓癌シンポジウムに参加された大勢の日米欧の著名な研究者が見守るなか、東京大学の宮林弘至先生とJA尾道総合病院の花田敬士先生に授与された。その後、米国本部が力を入れている膵臓がん研究に必須の若手研究者を日本においても育むため、若手研究者賞を追加することが決まった。翌年からは、基礎研究、臨床研究とともに、YIAを3人の研究者に設けることとなった。合計5本のパンキャン賞が授与されることとなった。
 

●2012年度のパンキャン賞

PanCAN Basic Research Award(基礎研究者賞)
東京大学 宮林弘至 先生

リサーチャーストーリー:宮林弘至

PanCAN Clinical Research Award(臨床研究者賞)
JA尾道総合病院 花田敬士先生

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●2013年度パンキャン賞 第44回日本膵臓学会大会

PanCAN Basic Research Award(基礎研究者賞)
山口 浩先生
埼玉医科大学国際医療センター病理診断科

PanCAN Clinical Research Award(臨床研究者賞)
庄 雅之先生
奈良県立医科大学消化器・総合外科
リサーチャーストーリー:庄雅之

PanCAN Young Investigator Award First Place(若手研究者賞 1位)
長井 美奈子先生
奈良県立医科大学医学部消化器・総合外科
リサーチャーストーリー:長井美奈子

PanCAN Young Investigator Award Second Place(若手研究者賞 2位)
村上 崇 先生
横浜市立大学消化器・腫瘍外科学
リサーチャーストーリー:村上崇

PanCAN Young Investigator Award Third Place(若手研究者賞 3位)
内田 大輔 先生
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器肝臓内科学
リサーチャーストーリー:内田大輔

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2014年度パンキャン賞 第45回日本膵臓学会大会

PanCAN Basic Research Award(基礎研究者賞)
坂本仁美 先生
東京女子医科大学 統合医科学研究所

PanCAN Clinical Research Award(臨床研究者賞)
松田陽子 先生
東京都健康長寿医療センター 病理診断科 

PanCAN Young Investigator Award1位(若手研究者賞 1位)
池澤賢治 先生
大阪大学大学院医学系研究科消化器内科学 

PanCAN Young Investigator Award2位(若手研究者賞 2位)
山本恵介 先生
東京大学 消化器内科 

PanCAN Young Investigator Award3位(若手研究者賞 3位)
中川直哉 先生
広島大学 大学院医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門 外科学 

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年度パンキャン賞 第46回日本膵臓学会大会

基礎研究者賞(PanCAN Basic Research Award)
石渡俊行先生
日本医科大学 大学院医学研究科 統御機構診断病理学
「膵癌における線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR-4)発現と治療標的としての可能性」

臨床研究者賞(PanCAN Clinical Research Award)
福武伸康先生
大阪府立成人病センター
「膵癌診断における血漿遊離アミノ酸プロファイルの有用性の検討」

若手研究者賞 1位(PanCAN Young Investigator Award First Place)
田村公二先生
九州大学大学院医学研究院 臨床・腫瘍外科
「分子マーカーに基づいたIPMN由来浸潤癌と併存膵癌の鑑別診断の試み」

若手研究者賞 2位(PanCAN Young Investigator Award Second Place)
益子太郎先生
東海大学 医学部 消化器外科
「切除可能膵癌とBorderline resectable膵癌の定義と治療成績」

若手研究者賞 3位(PanCAN Young Investigator Award Third Place)
河毛利顕先生
広島大学大学院医歯薬保健学研究院応用生命科学部門 外科学
「膵癌における傍大動脈リンパ節微小転移の予後への影響」

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■2016年度パンキャン賞 第47回日本膵臓学会大会

基礎研究者賞(PanCAN Basic Research Award)
山本正人
ミネソタ大学 外科

臨床研究者賞(PanCAN Clinical Research Award)
和田慶太
帝京大学 外科

若手研究者賞 1位(Young Investigator Award First Place)
酒井新
神戸大学 消化器内科

若手研究者賞 2位(Young Investigator Award Second Place)
大庭篤志
東京医科歯科大学 肝胆膵外科

若手研究者賞 3位(Young Investigator Award Third Place)
後藤佳登
九州大学 医学大学院 臨床・腫瘍外科

 

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■2017年度パンキャン賞 第48回日本膵臓学会大会

基礎研究者賞(Basic Research Award)
木村佳人先生
京都大学 大学院医学研究科 消化器内科学講座
「Arid1Aは膵管細胞からのIPMNとIPMN由来膵癌の発生を抑制する」

臨床研究者賞(Clinical Research Award)
林秀幸先生
北海道大学病院 がん遺伝子診断部
「網羅的がん遺伝子解析による膵がん個別化治療への挑戦」

若手研究者賞 1位(Young Investigator Award First Place)
佐上亮太先生
(大分三愛メディカルセンター 消化器病内視鏡センター)
「膵癌早期診断におけるEUSの有用性とスクリーニングのための新スコアリングシステム」

若手研究者賞 2位(Young Investigator Award Second Place)
齋藤傑先生
(弘前大学 消化器外科)
「2型糖尿病長期罹患はE-CadherinのDNA過剰メチル化を通じて膵導管癌の予後を増悪させる」

若手研究者賞 3位(Young Investigator Award Third Place)
松尾圭朗先生
兵庫県立粒子線医療センター 放射線科
「GEM不応切除不能局所進行膵癌に対するS-1同時併用陽子線治療の第I相試験」

 

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■2018年度パンキャン賞 第49回日本膵臓学会大会

基礎研究者賞(PanCAN Basic Research Award)
志村充広 先生
東北大学 消化器外科学分野
「プロテオミクス解析により発見した膵神経内分泌腫瘍の新規肝転移関連因子」

臨床研究者賞(PanCAN Clinical Research Award)
坂本洋城 背根氏
医療法人 大植会 葛城病院 内科
「地域の早期膵癌発見率向上のための一般病院の役割:超音波内視鏡検査の経験を活かして」

若手研究者賞 1位(PanCAN Young Investigator Award First Place)
西別府敬士先生
京都府立医科大学 消化器外科
「尿中遊離microRNAによる膵癌の新たな非侵襲診断法についての検討」

若手研究者賞 2位(PanCAN Young Investigator Award Second Place)
田村 崇先生
和歌山県立医科大学 第二内科
「膵切除後の膵液瘻に対する超音波内視鏡下経消化管的ドレナージの有用性について」

若手研究者賞 3位(PanCAN Young Investigator Award Third Place)
米永 晃子先生
九州大学大学院 医学研究院 臨床・腫瘍外科
「膵オルガノイドを用いた浸潤性膵管癌の新たな局所微小浸潤機序の解明」

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■2019年度パンキャン賞 第50回日本膵臓学会大会

基礎研究者賞(Basic Research Award)
工藤篤先生
東京医科歯科大学

臨床研究者賞(Clinical Research Award)
大木克久先生
静岡がんセンター

若手研究者賞 1位(Young Investigator Award First Place)
小川智先生
京都大学

 

若手研究者賞 2位(Young Investigator Award Second Place)
上野真行先生
倉敷中央病院

若手研究者賞 3位(Young Investigator Award Third Place)
岡田哲弘先生
旭川医科大学

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider