WPCD small

11月21日(木)は世界すい臓がんデー(World Pancreatic Cancer Day)に参加しよう

<世界すい臓がんデーイベントに参加しよう>

11月21日、世界中の人々が結集し、世界で最も過酷ながんとの闘いに勝つためのより良い治療法の開発を求めていきます。過去40年間、5年生存率(がんの治療を開始してから5年後に生存している人の割合)が一桁台のがん、それがすい臓がんです。『世界膵臓がん連合(World Pancreatic Cancer Coalition)』は、30か国、6大陸から80以上の患者会を結集し、すい臓がんの啓発を進め、関係者の意識を高め、すい臓がん撲滅に繋がる行動を促します。 私たちはこの致命的な病気に対して、世界規模でアクションを起こすことで、より大きな注意喚起、すい臓がんの認知度向上、より良い治療成績をもたらすことを目指します。

世界中のすい臓がん患者会がこの日は、すい臓がんの危険因子を知り、症状を知り、早期発見に繋げてもらおうと、この啓発活動に参加します。参加方法は簡単です。すい臓がんの啓発カラーであるパープル色のものを身に着けて、携帯でセルフィ―などの写真をとり、すい臓がん撲滅に向けた願い、メッセージを書いて、すい臓がんについて知っていただくために地元のメディアへアピールしてください。また、ご自分のソーシャルネットワークを使って、#WPCDのタグをつけて写真を発信してください。WPCDサイトへ掲載しますと世界へと発信されます。

 

<世界すい臓がんデーに参加するには>

・すい臓がんの徴候と症状を知っていますか?
早期診断は生存率を高めるためにはとても重要です。生存率を高めるために、まず、あなたの体に耳を傾け、何を探すべきかを知りましょう。
例えば、予想外の体重減少、新たに発症した糖尿病、皮膚や目が黄色くなる、背部痛など。

自分の体に耳を傾けよう ⇒ https://www.instagram.com/p/B4z-W05gUPg/

・すい臓がんのリスクファクターを知っていますか?
すい臓がんの症状と危険因子・リスクファクター、および早期発見の必要性についての意識を高めるために活動しましょう。家族や友人にその情報を広めてください。家族や友人は家族や友人に伝え、この重要なメッセージをSNSを使って世界に伝えましょう。

リスクファクターを知ろう ⇒ https://www.instagram.com/p/B4uxs_9AhZ-/

・パープル色の写真とメッセージを用意しましょう
パープル色のものを身に着けた写真、グループ写真、すい臓撲滅に向けたメッセージ、ご家族への想いを書いた写真など、パンキャンジャパンまでメールで送付してくださいましたら、WPCDサイトに掲載するお手伝いをさせていただきます。
パンキャンジャパンWPCD事務局:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

<すい臓がんの症状、危険因子を知ろう>

すい臓がんは多くの場合、初期段階では症状を引き起こさないため、早期診断が難しい場合があります。しかし、早期発見につながった患者さんの7割の方にはなんらかの症状があり、医師を訪問しています。主な症状は、腹痛、黄疸、腰背部痛、体重減少、食欲不振、全身倦怠感などがあります。

これらの症状は、より一般的な病気によっても引き起こされる可能性があることを覚えておくことも大切です。例えば、膵炎(膵臓の炎症)、胆石、過敏性腸症候群(IBS)、肝炎(肝臓の炎症)などの病気によって引き起こされることもあります。

したがって、もしこれらの症状が見られたら、すい臓がんの可能性もあるため、すぐに医師に相談に行くことをお勧めします。一般的には、初期段階では無症状なことが多いと思われていますが、2Cm以下のすい臓がんの場合、8割以上の患者さんは、何らかの症状があることが明らかになっています。

 

◆膵臓がんにみられる症状

腹痛および腰痛  アニメ ⇒ https://www.instagram.com/p/B4c3dJYAQ3y/

食欲不振

原因不明の体重減量 アニメ ⇒ https://www.instagram.com/p/B4c3gYqgpz4/

腹部膨満感(おなかの“はり”)、

黄色い肌または目(黄疸) アニメ ⇒ https://www.instagram.com/p/B4ni1ejgNE7/

新たに発症した糖尿病、憎悪

便の色の変化(灰白色)

背中の痛み

消化器系の問題

気分の変化

   など

 

◆すい臓がんの危険因子(リスクファクター)

大部分のすい臓がんの原因は不明ですが、研究によりすい臓がんを発症する可能性を高める危険因子が特定されています。危険因子が複数ある方は、すい臓がん発症を念頭に置いた慎重な検査や経過観察を受けていただく必要がありますので、消化器病専門医の診察を受けることをお勧めします。

◆すい臓がんの危険因子

遺伝的突然変異

すい臓がんの家族歴  

他のがんの家族歴

糖尿病

膵炎(慢性および遺伝性)

喫煙

肥満(若年性肥満)

年齢(高齢者に多い)

食事

 

◆腹部超音波検査でわかるすい臓がんの危険因子(健康診断)

主膵管の拡張

すいのう胞

 

◆関連サイト

(Source: World Pancreatic Cancer Day web site http://www.worldpancreaticcancerday.org/about/

      WPCC Instagram https://www.instagram.com/worldpancreatic/

      WPCC Facebook https://www.facebook.com/worldpancreaticcancerday

      WPCC Twitter https://twitter.com/worldpancreatic

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider