Diabetus Dr ChariPhoto: Suresh Chari, MD  

【早期発見】糖尿病と膵臓がんについて知っておくべき6つのポイント

2019年11月14日

11月14日の「世界糖尿病デー」に敬意を表して、私たちは糖尿病と膵臓がんの関係についてスレシュ・チャリ医師から話を伺いました。チャリ先生は、メイヨークリニックの胃腸病学および肝臓学の教授であり、コンサルタントであり、米国のパンキャン本部(PanCAN)の科学医学諮問委員会(SMAB)のメンバーです。チャリ博士は、新たに発症した糖尿病が膵臓がんの初期症状になりうるという発見に貢献しました。 スレシュ・チャリ博士(Suresh Chari, MD)は、糖尿病と膵臓がんについて知っておくべき 6つの重要なポイントがある言います。

  • 1.長年の糖尿病は、膵臓がんの(中程度の)危険因子

長年の糖尿病は、膵臓がんの危険因子と見なすことができます。膵臓がんの発症リスクが普通の人と比較して 1.5倍から2倍と、そのリスクがわずかですが増加します。膵臓がんの危険因子には、喫煙、慢性膵炎(膵臓の炎症)、肥満、膵臓がんの家族歴、特定の遺伝的症候群(乳がん卵巣がん症候群:HBOC)などがあります。

2.糖尿病にかかっている期間は重要

5年以上糖尿病にかかっている人は、上記のように、膵臓がんを発症するリスクが平均よりもわずかに高いと見なすことができます。しかし、50歳以降に新たに糖尿病を発症した人は、糖尿病と診断されてから1〜3年以内に膵臓がんと診断される可能性がほぼ1%あります。この場合、膵臓がんが糖尿病を引き起こした可能性がありました。

3.糖尿病は膵臓がんの症状でもある

膵臓がんは、血糖値の調節に役立つ、膵臓が産生する重要なホルモンであるインスリンに体内の細胞を抵抗させると考えられています。他のインスリン抵抗性の状態(肥満など)では、膵臓のインスリン産生細胞はインスリン抵抗性を克服するためにより多くのインスリンを産生します。しかし、膵臓がんは、膵臓のインスリン産生細胞がこのインスリン抵抗性に適切に反応するのを妨げるようです。これにより、糖尿病が発症します。膵臓の神経内分泌腫瘍(PNET)は膵臓のホルモン産生細胞から発生しますが、糖尿病はPNETの症状でも危険因子でもないことに注意することが重要です。

4.膵臓がんにより生じる糖尿病は異なる

膵臓がんによって引き起こされる新規発症糖尿病の生物学と臨床症状は、より一般的な成人が発症する糖尿病2型とは異なります。「3c型糖尿病」は、がんのような悪性疾患などの膵臓の障害によって引き起こされると定義されています。驚くべきことに、膵臓がんによる3c型糖尿病患者は、2型糖尿病で見られる体重増加の代わりに体重減少を経験します。これは、医師がしばしば見落としている症状です。

5. 新たに発症した糖尿病は、膵臓がんの初期の指標になる可能性がある

正しく診断されれば、新たに発症した3c型糖尿病は、膵臓に異常があることを示すことができます。他の研究者と私たちはこの関係をかなり長い間見てきました。また、PanCANは最近、研究のターゲットを絞った助成金を授与し、糖尿病患者の膵臓がんの早期発見に役立つ手がかりを見つけるための重要なプロジェクトに取り組んでいます。

6.糖尿病と膵臓がんの両方は、早期発見から劇的に利益を得ることができる

「世界糖尿病デー(11月15日)」と「世界膵臓がんデー(11月第3木曜日)」は、互いに数日以内に発生することが非常に適切です。両方の病気は、医師と患者の両方によって否定される曖昧な症状を呈する可能性があり、早期かつ正確に診断された場合、どちらもはるかに管理しやすくなります。今年11月にアメリカのパンキャン本部(PanCAN)が「改善を求めよう(Demand Better)」活動に注力したことは、膵臓がんの早期発見を要求する必要があることを意味します。研究者および臨床医としての私たちは、その目標を達成するためにより多くのことを自問する必要があります。早期発見は可能であり、患者の予後に違いをもたらします!

チャリ博士のビデオ(英語版)

チャリ博士は、パンキャン本部を訪問し、糖尿病、膵臓癌、早期発見について、PanCANのスタッフと話しました。下記がそのときのFacebook Liveビデオです。

https://www.facebook.com/pancan/videos/10155199054712998/

 

By PanCAN アリソン・ローゼンツヴァイク博士(Allison Rosenzweig)

#糖尿病、#症状、#早期発見、#パンキャン、#膵臓がん、#世界膵臓がんデー、#世界糖尿病デー 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story