Letswin DIRECT

膵癌のナノナイフ治療に焦点を当てるDIRECT試験

2020年6月19日

膵臓がん患者の生活の質を改善することを期待して、新薬、新薬の組み合わせ、分子標的治療、および免疫療法などがすべて研究されています。

研究者たちは、薬物療法に加えて、医療機器がどのように役割を果たす可能性があるかについても検討しています。そのようなデバイスの1つは、ナノナイフ(NanoKnife)というの不可逆的エレクトロポレーション(IRE)システムです。これは、複数のニードルプローブを使用してパルス状の低電流、高電圧の電気エネルギーを供給し、腫瘍細胞を破壊する低侵襲テクノロジーです。 2008年、この技術はFDAにより軟組織の外科的アブレーションについて承認されました。現在、局所進行ステージIIIの膵臓がん治療を目的としたダイレクト(DIRECT)と呼ばれる多施設共同臨床試験が行われています。

ステージIII期の膵臓がんの治療選択肢は限られています。現在、化学療法単独または放射線療法との併用が標準治療です。どちらのアプローチにもある程度の進歩が見られましたが、治療は患者にとって困難な場合があり、治療の副作用・毒性が問題となっています。 「私は腫瘍を治療するインターベンショナル放射線科医として、さまざまなステージのさまざまな種類のがんの患者の世話をしています。膵臓がんは確かに最も致命的ながんの1つですが、さらに、がんが起こす症状は生活の質に本当に影響を与える可能性があります」とWeill Cornell Medicine助教授、血管およびインターベンショナル放射線科医のダニエル・ホルツヴァンガー博士は説明します。ホルツヴァンガー博士は、NewYork-Presbyterian Hospital-Weill Cornellキャンパス(ニューヨーク市)の放射線科助手でもあります。 ホルツヴァンガー博士は、Weill Cornellで直接研究グループを率いています。 「この診断を受けることは人生を変えることなので、私はこれらの患者とその家族のことを本当に案じています。これが、生存率と生活の質を改善する治療法を開発し続けることが重要である理由です」と彼は言います。

■異なるタイプのアブレーション

アブレーションは、通常、極端な温度または化学物質のいずれかを組織に適用して病変組織を破壊する方法です。熱または寒さでがん細胞を殺す従来の熱切除技術とは異なり、ナノナイフは、技術的にナノナイフ不可逆的エレクトロポレーション(NanoKnife IRE)と呼ばれ、電気インパルスを使用して悪性細胞にナノポアと呼ばれる小さな穴を作成します。これらの細孔は、がん細胞の機能不全を引き起こし、死に至らせます。

この重要な技術的な違いが、IREが膵臓癌の治療に適している理由です。 「膵臓腫瘍は、体の中で最も治療が難しい領域の1つで成長します」とホルツヴァンガー博士は言います。 「これらの腫瘍は複数の非常に重要な血管と総胆管にしばしば隣接し、直接関与します。高周波、マイクロ波、冷凍アブレーションなどの他の形態のアブレーションは、標的領域を加熱または凍結して腫瘍を殺します。その際、これらの近くの血管や胆管を損傷するリスクが高くなります。」

「その領域の細胞を特異的に殺すために細胞膜を標的とすることは、血管と胆管の構造を維持するための重要な要素である周囲のコラーゲンと細胞外マトリックスを維持するのに役立ちます」と彼は付け加えます。 「近くの血管への合併症は依然として発生する可能性がありますが、他の熱焼灼技術と比較してその可能性は低いです。」

「IREは、手術中に行うことも、完全に針を使用して行うこともできます。基本的には切開は必要ありません。どちらを選択するかの理由は、ケースバイケースで決定されます」とホルツヴァンガー氏は言います。 「インターベンショナル放射線科医として、私は針のみの手技に最も関心がありますが、結局のところ最も重要なのは、各患者にとって最善かつ最も安全なことを行うことです。」

「私の意見では、簡単な治療はありません。ただし、治療のリスクとメリットを、治療しないなど、誰かに存在する可能性のある代替オプションのリスクとメリットと常に比較しています。これらの人々の一部にとって、それは、多くの選択肢を全く残さないかもしれません。」

IREを受けている間、患者は全身麻酔下に置かれ、「その後、高度な画像技術を使用して、針のプローブを腫瘍の周囲に配置し、電気パルスの送達を開始します」と彼は説明します。 「手技が完了すると、針は取り外され、患者は回復に戻ります。患者は通常数日間入院しているため、治療に関連する副作用や問題を監視および管理できます。

■DIRECT臨床試験

DIRECTは「Direct IREがん治療」の略です。バイオメディカル企業によると、この試験は、最大15施設でのランダム化比較試験と、それぞれにナノナイフシステムの治療アームとコントロールアームを備えた「実際の証拠、最大30施設の次世代レジストリ」で構成されています。 ナノナイフシステムの提供者であり臨床試験のトライアルスポンサーはアンジオダイナミックス社(AngioDynamics)です。各ナノナイフの試験アームは、約250人の患者と、同じ数の患者が登録されるコントロールアームで構成されます。研究の主要評価項目は全生存期間です。

試験のデザインはよく考えられているとホルツヴァンガー氏は信じています。 「DIRECT試験は、局所進行膵臓癌患者におけるIREの安全性と有効性を検討する2つの試験です」と彼は説明します。 「これは、FOLFIRINOXレジメンに加えてIREの群とFOLFIRINOXレジメンのみの群の無作為化比較試験と、もうひとつの標準治療とIREと標準治療のみを比較した「実際の」観察登録試験で構成されています。」

「無作為化試験はIREの有効性の厳格で高度に制御された評価を提供し、実際のレジストリは無作為化比較試験の範囲外での手技の実行方法に関する追加情報を提供するため、これは素晴らしいと思います。 」

2018年1月、FDAはナノナイフシステムに『21世紀治療法(the 21st Century Cures Act)』に基づく画期的な医療機器/デバイス指定(a Breakthrough Device designation)を付与しました。 2019年4月に、FDAはDIRECT試験のアンジオダイナミックス社の研究用デバイス免除申請を承認しました。

境界の切除可能な腫瘍と切除不可能な腫瘍の両方を含むステージIII患者のナノナイフ治療による蓄積されたエビデンスによると、治療後全生存期間中央値は15.3ヵ月から27ヶ月まで改善されました。それにもかかわらず、DIRECT試験のような、より多くの臨床試験が絶対に必要です。

「既存のデータに基づいて、IREには妥当な安全性プロファイルがあり、実際の臨床的利益の可能性があると言えますが、治療の有効性を真に評価し特定するために、また、どのグループの患者がこの治療から最も恩恵を受けるのかを調べるためにも、さらに調査する必要があります。」とホルツヴァンガー氏は言います。

 

(Source:Amazing Science-Let's Win Lustgarten Foundation)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
<免責事項>この医療記事は、最新の臨床試験を紹介する目的で書かれています。特定の治療法や薬の使用を推奨するものではありません。ご自身の病状については、担当医とよく話し合ってください。このウェブサイトの情報を利用して生じた結果についてPanCANJapanは一切責任を負うことができませんのでご了承ください。

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider