Appropriation Process

ランディポウシュ博士、膵がん研究支援を訴える

 

Image
膵臓がんは部位別がん死因の第4位であるにもかかわらず、米国政府による膵臓がん研究支援は極めて限定的であった。膵臓がんと闘うカーネギーメロン大学教授のRandy Pausch (ランディポウシュ)博士はパンキャン(膵臓がんアクションネットワーク)とともに、この恐ろしい疾患の根治療法開発を加速するために必要な研究助成を政府に訴えた。
    ビデオをみる

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider