News

海外ニュース:米国議会が600万ドル(6億6000万円※)の膵臓がん研究プログラムを承認

PanCAN DoD fund we did it

海外ニュース:米国議会が600万ドル(6億6000万円※)の膵臓がん研究プログラムを承認

著者:クリスティン・レイノルズ

2019年12月20日

膵臓がんコミュニティにとって今日の承認は大きな勝利です。膵臓がんはアメリカ国防総省(DoD)の議会主導医療研究プログラム(CDMRP)を通じて600万ドルの研究プログラムを獲得しました。新しい治療法の開発と早期発見の検査方法の開発につながる戦略を促進する、革新的で影響力の強い研究のために、膵臓がんのためにDoDに専用の資金提供プログラムが設けられたのはこれが初めてです。

このDoD研究プログラムの設立は、PanCANにおいて、過去2年間、法制上の最優先事項でした。何千人もの献身的かつ情熱的なサポーターが、PanCANの全国膵臓がんアドボカシーデーにあわせて米国議会の議員と会い、議会に数百の個人的な手紙を送り、数え切れないほどの時間をかけて勝ち取った重要な成果です。

続きを読む...

祝 膵臓がんの5年生存率10%へ到達!

PanCAN 5 Yr Srv 10

 膵臓がんの5年生存率10%へ到達!

米国パンキャン本部の「生存率倍増計画Double Survival」目標達成!

2020年1月5日

本日発表された米国がん協会(American Cancer Society:ACS)の2020年度がん統計レポート(Facts&Figures)により、膵臓がんの5年生存率は10%*に達したと報告されました。※1

「アメリカのパンキャン本部(PanCAN)が主導権を握り、2020年までに膵臓がんの生存率を2倍にするという野心的な目標を設定したことを非常に誇りに思っています。PanCAN本部「膵臓がんアクションネットワーク(Pancreatic Cancer Action Network)」の社長兼CEOであるジュリーフレッシュマン氏は次のように述べています。「PanCAN本部は、2011年に2020年までに膵臓癌の生存率を2倍にするという目標を設定しました。当時、5年生存率はわずか5%でした。」「膵臓がんの研究者、医療従事者、ボランティア、支持者のコミュニティ全体が2020年の目標を中心に結集し、世界で最も困難な癌に対する進歩を加速するために協力しました。私たちはコミュニティによる献身的で熱心な努力に感謝しています」

続きを読む...

【早期発見】糖尿病と膵臓がんについて知っておくべき 6つのポイント

Diabetus Dr ChariPhoto: Suresh Chari, MD 

【早期発見】糖尿病と膵臓がんについて知っておくべき6つのポイント

2019年11月14日

11月14日の「世界糖尿病デー」に敬意を表して、私たちは糖尿病と膵臓がんの関係についてスレシュ・チャリ博士(Suresh Chari))から話を伺いました。チャリ先生は、メイヨークリニックの胃腸病学および肝臓学の教授であり、コンサルタントであり、米国のパンキャン本部(PanCAN)の科学医学諮問委員会(SMAB)のメンバーです。チャリ博士は、新たに発症した糖尿病が膵臓がんの初期症状になりうるという発見に貢献しました。 スレシュ・チャリ博士は、糖尿病と膵臓がんについて知っておくべき 6つの重要なポイントがある言います。

続きを読む...

海外ニュース:急性膵炎後の膵臓がん発症率は高くなる(コホート研究)

急性膵炎後の膵臓がん発症率は高くなる(コホート研究)

 ~急性膵炎再発数の増加または慢性膵炎は、膵臓がん発症リスク増加と関連する~

著者:Sadr-Azodi, Oskarsson, Discacciati, et al.

2018年10月12日

背景:

急性膵炎は膵臓がんにリンクされていますが、この関連付けの方向は完全に詳述されていません。この研究ではコホート研究のデータを使用し急性膵炎と膵臓がんの関連性を調べました。

続きを読む...

海外ニュース:新たに発症した糖尿病は膵臓がんの早期徴候

Diabetus PDAC blood checkup

海外ニュース:新たに発症した糖尿病は膵臓がんの早期徴候

著者:カーラ・マルティネス

 2018年6月18日

アメリカ国立がん研究所誌(Journal of the National Cancer Institute:JNCI)に本日発表された研究は、アフリカ系とヒスパニック系アメリカ人の50歳以上の男女の糖尿病が、世界で最も厳しいがんである膵臓がんの早期徴候である可能性を発見しました。

JNC誌に発表されたI調査では、20年以上にわたって50,000人近くの個人を追跡し、糖尿病を発症した50歳以上の人は、糖尿病を発症しなかった人と比較して膵臓がんを発症する可能性が2倍以上でした。また、糖尿病の人は、長年の糖尿病の人と比較して、糖尿病の診断から3年以内に膵臓がんの診断を受ける可能性が2.3倍高くなりました。この発見は、新たに発症した糖尿病が膵臓腫瘍の初期症状とみなされる可能性があるという他の研究で指摘された観察結果を裏付けています。また、この発表は、これらの少数民族で特に糖尿病と膵臓がんの相関を調査する最初の研究です。

続きを読む...

AACRニュース: NRG1融合遺伝子を有する膵臓癌に抗HER2/3抗体薬MCLA-128が臨床効果を示す

AACR NCI EORTC conference

AACRニュース: NRG1融合遺伝子を有する膵臓癌に抗HER2/3抗体薬MCLA-128が臨床効果を示す

著者:アリソン・シュラム

メモリアルスローンケタリングがんセンター

2019年10月27日

概要:NRG1融合遺伝子変異陽性癌における抗HER2 / 3二重特異性の抗体療法であるMCLA-128の臨床的証明

背景:NRG1(neureglin1)融合遺伝子は、膵臓がんおよび肺腺がんを含む様々な固形がんの発がん性ドライバーです。 NRG1融合遺伝子タンパク質はHER3に結合し、HER2 / HER3ヘテロ二量体化、下流のシグナル伝達の増加、および腫瘍成長をもたらします。

続きを読む...

PanCANマイトラ先生が選らぶ膵癌治療を変えた試験:その2 NAPOLI試験(オニバイド)

 Dr Aniban Maitra PanCAN Small

PanCANマイトラ先生が選らぶ膵癌治療を変えた試験:その2 NAPOLI試験(オニバイド 本邦未承認

2020年1月3日

過去20年間、膵臓がん患者を対象として35の薬剤の組み合わせた39の第三相試験が世界で行われました。その結果、膵臓がん治療を大きく変えた試験があります。ここではその膵臓がんの治療を変えた重要な試験を紹介します。それがNAPOLI試験です。それまでは一次治療の試験が複数行われてきましたが、これは膵臓がんで初めて2次治療を生み出した試験です。

2015年10月に米国食品医薬品局(FDA)により膵臓がんの治療で承認されたのが「リポソームイリノテカン(商品名オニバイド Onivyde・本邦未承認)」です。これは、5-フルオロウラシルおよびロイコボリン(5-FU / LV)との併用療法として、以前にゲムシタビンをベースとした治療をうけた転移性膵腺がん(mPDAC)の患者の二次治療として承認されました。

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story