News

AACR:データにみるコロナ感染とがんの関係

CancerToday COVID19 and Cancer

がん登録データに見るCOVID-19とがんの関係


~データは、コロナウイルスに感染したがん患者の死亡の危険因子を明らかにしています~

2020年5月28日

著者 ケイト・ヤンデル

医療専門家は、がんの患者がCOVID-19の重症例に特に脆弱である可能性があることを懸念しています。がん患者は高齢になって罹る傾向があり、複数の健康上の問題もあります。どちらの条件も、誰ががんにかかっているかどうかに関係なく、COVID-19による死亡リスクの増加に関連する要因です。医師はまた、がん患者が頻繁に通院しなければいけないことから、病院やクリニックなどでは感染の可能性を減らすための対策を講じているにもかかわらず、コロナウイルスへの曝露のリスクが高まる可能性があることを心配しています。また、医師たちは、がん自体やがん治療による患者の免疫系の変化がリスクを高める可能性があるかどうかも疑問に思っています。

COVID-19に感染したがん患者のアウトカムに関するデータを収集する2つのグループが、オンライン上で開催されている2020年米国臨床腫瘍学会(ASCO)バーチャル年次総会で5月30日の新しいデータを発表します。

続きを読む...

AACR:がん遺伝子パネル検査は、すい臓がん治療の選択に重要な指針となる

 KYT live longer 2

がん遺伝子パネル検査は、すい臓がん治療の選択に重要な指針となる

がんの遺伝子変異にマッチした治療をうけた患者は、生存率を高める結果につながった

2020年4月16日 

著者:シェリル・プラッツマン・ウェインストック

進行すい臓がん患者で、がん組織の分子検査をおこない、その遺伝子変異にマッチした分子標的薬(がん狙い撃ちする薬剤)の治療を受けた患者は、そうでない患者(変異にマッチした治療を受けられなかった)より長生きした、とLancet Oncolgyが研究結果を発表した。

続きを読む...

海外ニュース:FDAはペミガチニブをFGFR2融合遺伝子陽性進行胆管がんに承認

pemigatinib FDA approved

Pemigatinib

海外ニュース:FDAはペミガチニブをFGFR2融合遺伝子陽性進行胆管がんに承認

WILMINGTON, Del.--(BUSINESS WIRE)


2020年4 月17 日


Incyte社の発表によると、米食品医薬品局(FDA)は、FGFR2融合遺伝子または遺伝子再構成の発現が認められる胆管がん患者に対し、過去に治療歴のある、または切除不能/局所進行/転移性の胆管がんのセカンドライン治療薬として、キナーゼ阻害剤のペマジルPemazyre™(一般名:Pemigatinib、ペミガチニブ)を承認した。この胆管がんへの適応は、ペミガチニブが初のFDA承認薬となり、全奏効率と奏功期間(DOR)に基づいて迅速承認された。

続きを読む...

海外ニュース:FDAは膵がん新薬エリスパーゼに優先審査を付与

erytech 4

海外ニュース:FDAは膵がん新薬エリスパーゼに優先審査を付与

2020年4月28日

ERYTECH Pharma社は、米国食品医薬品局(FDA)がエリスパーゼにFast Track Designationを付与したと本日発表しました。ERYTECH社は、赤血球内に治療薬をカプセル化する革新的な治療法を開発するバイオ製薬会社で、エリスパーゼは、転移性膵臓がん患者のセカンドライン治療薬として開発されています。

編集注:ファーストトラックプログラムとは、米国食品医薬品局(FDA)による、完治が難しい疾患に対し、高い治療効果が期待できそうな新薬を優先的に審査する制度。指定を受けると、新薬承認申請(NDA)の提出前や申請途中にもFDAとの協議が促進され、臨床試験デザインやデータ提出に関する問題を回避しやすくなっています。

エリスパーゼは、欧米の11か国で転移性膵臓がんの第3相試験(TRYbeCA-1)で現在評価されています。試験に登録される約500人の患者の75%以上が無作為化されました。イベントの3分の2が発生したときに独立データ監視委員会(IDMC)が実施する暫定的な優位性分析は、2020年末頃に行われ、最終分析は2021年後半に行われる予定です。

続きを読む...

海外ニュース:コロナ感染COVID19の治療薬ファモチジンの治験始まる

corona pepcid

海外ニュース:新型コロナ感染症の治療薬ファモチジンの治験始まる

新型コロナ感染症では、患者の命を救うために重症化予防に向けた治療薬開発が最優先されています。現在、治験中の薬剤の一つは、ドラッグストアで売られている胸やけ剤ガスター10に含まれているファモチジンです。

Dr. David Tuveson says “Famotidine is like penicillin to COVID19.”

2020年4月26日

著者 ブレンダン・ボレル

COVID19に有効な治療薬を調べる治験リストには、ありそうもない候補が含まれています:それは市販の胸焼け治療薬Pepcid(ペプシド)の活性化合物であるファモチジンfamotidineです。(注:このファモチジンは、日本で販売されている胃腸薬ガスター10に含まれています) 4月7日、ニューヨーク市地域のNorthwell HealthにいるCOVID-19患者は、胸焼けで使われる薬の通常の用量の9倍となるファモチジンを静脈投与されました。 リジェネロンのサリルマブやギリアドサイエンスのレムデシビルなど、23病院システムがテストしている他の薬とは異なり、ノースウェルヘルスではファモチジン試験を秘密裏に準備し、他の病院、または連邦政府さえもそれを購入し始める前にファモチジン注射剤の研究備蓄を確保しました。 「これについて間違った人々に話したり、メディアへの露出が早すぎたりすると、薬物の供給がおいつかなくなるでしょう」と、病院システムの臨床試験を担当していた元脳神経外科医のケビン・トレーシー氏は言います。

続きを読む...

海外ニュース: COVID19感染者の呼吸、会話から感染性エアロゾル発生の可能性

covid19 virus

海外ニュース: COVID19感染者の呼吸、会話から感染性エアロゾル発生の可能性


SARS-CoV-2の伝播における液滴とエアロゾル
Droplets and Aerosols in the Transmission of SARS-CoV-2

せき、くしゃみだけでなくCOVID19感染者の呼吸、会話により発生するエアロゾルから感染する危険性が指摘される

2020年4月15日

NEJMで発表されたAnfinrudの研究により、COVID19感染者から会話中に吐き出された液滴が空気中に滞留することが説明されました。大きな粒子は、重力のために沈降する前に、ほんの少しだけ空中に残ります。これらの粒子は、近くにいる人が吸入した場合は感染の脅威となる可能性があり、他の人の鼻腔または口路に移動した場合は接触の危険があります。このようにして、SARS-CoV-2のウィルスに感染した人は、感染拡大の一因となる可能性があります。

続きを読む...

AACR:リキッドバイオプシーは膵臓がんの早期発見に役立つ可能性

aacr clinical cancer reesarch 2020 April

AACR:リキッドバイオプシー(液体生検)は膵臓がんの早期発見に役立つ可能性

著者:エミリー・ヘンダーソン

2020年4月16日

血液検査は、膵臓がんがまだ初期段階にあるときに最も一般的な形態の膵腺がんを検出できると同時に、医師が患者の疾患を正確に病期分類し、適切な治療に導くのに役立つ可能性があります。ペンシルベニア大学の学際的研究では、リキッドバイオプシー(液体生検)として知られている血液検査が、他の既知のバイオマーカー単独よりも、盲検研究で疾患を検出する際により正確であり、また、イメージング単独よりは疾患の病期分類においてより正確であると2020年4月版米国癌学会のジャーナルであるAACR Clinical Cancer Researchに発表しました。

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider