Events

2019年8月9日 『[報告] パンキャン宮城支部「第3回膵がん/胆管がん教室」開催しました』

『[イ報告] 8/9 パンキャン宮城支部「第3回膵がん/胆管がん教室」開催しました』

今年設立された宮城支部の3回目のイベントです。今回は、東北大学病院 集中ケア認定看護師の堀川長子さんを講師に「膵がんの術前準備と術後から退院まで」のレクチャーをしていただきました。手術前は、告知後の混乱の中にある方が多く、どのような準備をすればよいかわかりにくいものです。また術後、どのような経過になるかを知っておくと、1つ1つの変化にも対応しやすくなります。認定看護師の立場からの貴重な情報を得ていただければという趣旨で開催されました。またその後、患者サロンで患者さん、ご家族でお話していく時間も設けることでそれぞれの体験から学びことも、また情報交換もしていただきました。
 
今後も膵がんサロン、セミナー等も進めてまいりますので、引き続きご支援の程、よろしくお願い申し上げます。
 

続きを読む...

2019年8月3日『[報告] 沖縄支部「膵臓がん患者サロン×琉球薬草ワークショップ」開催しました』

『[報告] 沖縄支部「膵臓がん患者サロン×琉球薬草ワークショップ」開催しました』


8月3日、沖縄支部にて「膵臓がん患者サロン×琉球薬草ワークショップ」を開催いたしました。今回は初めて、“琉球薬草”を使ったワークショップを取り入れて、サロンで皆様に交流していただくという試みでしたが、全体で19人という にぎやかなサロンとなりました。
琉球薬草に詳しい、吉岡攝子先生に、膵臓(すいぞう)に良いと言われる ナツメやクコについて教えていただき、また醤油麹と月桃ヨーグルトの試食・作り方の講習を受け、材料をお持帰りいただきました。ワークショップの後は、「食べられるフルーツティー」をいただきながらのサロンで、参加者全員、香りにも癒され、お話もはずみました。フルーツティーは、お茶に詳しい鷲見りえこさんからご提供いただきました。とても穏やかに、ゆったりとお茶を煎れていただき、いつもと違ったサロンに、皆さんも癒され喜ばれました。
パンキャン沖縄支部は 島袋支部長を中心に、設立から定期的にサロン、セミナーを開催しております。今後ともよろしくお願いいたします。
*よろしければ、記事のシェアで皆様への周知にご協力下さい。

続きを読む...

2019年8月10日 『[報告]北海道支部「地域住民公開講座 in 帯広―すい臓がんの早期発見と治療について」開催しました』

『[報告] 8/10 北海道支部「地域住民公開講座 in 帯広―すい臓がんの早期発見と治療について」開催のご報告』

 パンキャン北海道支部とJA帯広厚生病院との共催のイベントが開催されました。いままでで一番となる多数の参加者を迎えての帯広セミナーとなりました。ご参加いただきましたたくさんの皆様、ありがとうございました。

 難治性がんである すい臓がんの死亡者数が全国でも高い北海道は、すい臓がんについての情報や知識が必要とされています。昨年に続き2回目となる帯広セミナー。今回は、北海道大学大学院の平野聡先生をお招きして、特別講演で「すい臓がんの最前線」をご講演いただきました。またJA帯広厚生病院 消化器内科医長の松本隆祐先生に「内科治療」について、同病院の外科手術室第2主任部長の松本譲先生に「外科療法」についてお話いただきました。また、同病院 副院長の大野耕一先生が・パネルディスカッションの座長の労をとっていただきました。

 今後もサロン・勉強会、セミナー等を進めてまいりますので、引き続きご支援の程、よろしくお願い申し上げます。
*よろしければ、記事のシェアで皆様への周知にご協力下さい。

続きを読む...

2019年 8月4日(日) 東京:『第50回日本膵臓学会大会 市民公開講座/パープルリボンセミナーin東京2019』

2019年8月4日(日)『第50回日本膵臓学会大会 市民公開講座/パープルリボンセミナーin東京2019』 
~トップリーダーによる膵臓がん治療の最前線~
■主催  杏林大学 腫瘍内科学教室、NPO法人パンキャンジャパン
■協力  日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)
■協賛  日本セルビィエ株式会社、タカラバイオ株式会社、メルクバイオファーマ株式会社、持田製薬株式会社、アステラス製薬株式会社、(株)ヤクルト本社
      本インベントは、公益財団法人 テルモ生命科学芸術財団「2018年度医療・健康向上貢献助成」 の対象事業です。
 
日本の膵臓(すいぞう)がん研究を進める日本膵臓学会は、今年50年という節目の年を迎えます。その第50回日本膵臓学会大会の会長を務められるのは、膵臓がんの腫瘍内科のトップである 杏林大学 教授の古瀬純司先生です。この50周年記念行事は、杏林大学 腫瘍内科学教室とNPO法人パンキャンジャパンの共催、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の協力で開催いたします。
 
学会直後の開催であり、講師は学会が作成する「膵臓がん診療ガイドライン」の策定委員のなかでもセクションリーダーを経験された先生方で、膵臓がんの各分野の日本のトップリーダーの先生方にご講演いただく「膵臓がん治療の最前線」です。
 
(満員御礼のため受付終了とさせて頂きました。当日受付はございませんのでご了承ください)

続きを読む...

2019年 6月23日 『札幌:セミナー「がんの個別化医療」開催―難治性がん啓発キャンペーン』

2019年 6月23日 『札幌:セミナー「がんの個別化医療」開催―難治性がん啓発キャンペーン』


今年9回目となる 難治性がん啓発キャンペーンの第2部、医療セミナーのご案内です。今年のテーマは「がんの個別化医療~最適な治療をどう選ぶか~」。今年からスタートするゲノム医療。肺がんなどで既に進んでいますが、ゲノム解析で自分の遺伝子変異がわかったら、その遺伝子変異にあった形の治療を選択することが重要になります。これから、がんの治療はどのように変わっていくか、また自分に最も合った治療法をどのように選んでいけばよいか、新たな時代への示唆を「特別講演」として、国立がん研究所ゲノム生物学研究分野の河野隆志先生に、また肺がん、膵臓がんの最前線を北海道大学病院長の秋田弘俊先生、斗南病院診察部長の辻 靖先生にご講演いただきます。激動の時代の中の患者支援について、北海道肺がん患者と家族の会 代表の内山浩美さん、パンキャンジャパン 理事長の眞島喜幸さんに紹介いただきます。総合司会は医療キャスターの松本裕子アナ。お席がわずかとなっております。ご興味のある方は、以下をご参照ください。
*よろしければ本記事をシェアして告知のご協力をお願い致します。

続きを読む...

2019年5月25日(土)「沖縄支部「膵臓がん市民公開講座」開催!

OkinawaSeminar 2019 small

2019年5月25日(土) 沖縄支部「膵臓がん市民公開講座」開催!


連休後の5月25日、パンキャン沖縄支部で初めての すい臓がんの市民公開講座を開催いたします。昨年、翁長雄志 前沖縄知事が膵臓がんで逝去されるなど、沖縄でも膵臓がんは大きな注目を集めています。すい臓がんに気づき、自分の状況に最適な信頼できる治療法に早く出会うことがとても大切です。


第1回目の本市民公開講座では、「すい臓がんの診断・治療」という治療に向かう重要な情報に合わせて、現在、がん患者への心理的苦痛を減少させるエビデンスで注目されている「マインドフルネス」についてもご講演いただきます。病気に向き合う時間をどのように快適に過ごしやすくできるかも、今の医療の新しい観点になっています。

島袋支部長のお取り計らいで参加費は無料となりました。奮ってご参加ください。

本インベントは、大和証券福祉財団 平成30年度「ボランティア活動」助成金、および公益財団法人 テルモ生命科学芸術財団「2018年度医療・健康向上貢献助成」 の対象事業です。

続きを読む...

2019年4月27日(土)「第1回 希少がん患者サミット〜これまでの希少がん、これからの希少がん〜」

RC Summit Title

「第1回 希少がん患者サミット 〜これまでの希少がん、これからの希少がん〜」 NETの患者さんのご参加お待ちしております

RCJ主催・国立がん研究センター希少がんセンター共催の「第1回 希少がん患者サミット 〜これまでの希少がん、これからの希少がん」を東京築地の国立がん研究センター新研究棟にて行います。国立がん研究センターが進める「マスターキープロジェクト」はまさにゲノム医療時代の幕開けをリードするものです。まだまだ使えるお薬が少ない希少がんの新薬開発についての説明があります。膵消化管神経内分泌腫瘍(PNETやGE-NET)の患者さん、ご家族で新薬にご興味のある方には最適なイベントです。参加は無料ですが、席が限られていますのでお早目にお申込みください。

日時:2019年4月27日(土)11時〜16時15分(10時半開場)
会場:国立がん研究センター新研究棟1階 大会議室   (東京都中央区築地5丁目1-1 国立がん研究センター 築地キャンパス内)
対象:希少がん患者・家族・遺族・一般
参加費:無料
主催:一般社団法人日本希少がん患者会ネットワーク(RCJ)
共催:国立がん研究センター希少がんセンター
お申し込み:必要。こちらからお手続きください

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider