Survivor Stories

サバイバーストーリー:アダム・ディール(ステージ4)

survivor story adam family

がんのRNA検査により新薬の治療につながる

アダム・ディール

2019年11月20日

  • 顕著な体重減少がステージ4膵臓がんの診断につながる
  • フォルフィリノックス(FOLFIRINOX)による初期治療
  • がん遺伝子検査のための腫瘍生検と新薬

2017年の夏、私は親友の結婚式にタキシードを着る必要があったため、体重を減らして体形を整えて結婚式の写真で見栄えを良くしようと努力していました。幸いなことに、体重も減ってきて、長年に渡ってみえなかった腹筋のシックスパックも体脂肪が減ったせいでしょうか、初めて割れてみえました! 結婚式の数週間前に、私は最終的なタキシードのフィッティングに行き、完璧にフィットしてもらいました。結婚式の日、2017年9月、私はタキシードを試着しに行き、驚いたことにフィットしたはずの服のなかでからだが泳いでいることに気がつきました。私はこれにショックを受けましたが、運動の習慣と良い食事が理由であると思いました。妻は私を見て、「何かが正しくない」と言いました。彼女は、クリーブランドに戻ったとき、私の主治医に会うように主張しました。

 

☞ アダムファミリーのビデオ:https://youtu.be/mrmfmUKhk0E

続きを読む...

サバイバーストーリー:ステージ4の若い父親は子供たちにために膵癌と闘うことを誓う(STAGE4)

サバイバーストーリー:ステージ4の若い父親は子供たちにために膵癌と闘うことを誓う(STAGE4)

~34歳の膵臓がんサバイバーは分子標的療法によく反応する~

2019年9月18日

アダム・ディール氏は2017年9月にフラタニティと呼ばれる男性の大学生社交クラブの会員の結婚式の準備をしていましたが、数週間前にぴったり合っていたタキシードがぶかぶかになり身体が「服のなかで泳いでいる」ほど痩せてきたことに気付きました。

オハイオ州メイフィールドハイツの34歳の上級会計士は、当時あまり痩せてきたことについて深く考えていませんでした。 「私は週6日運動していましたし、ダイエットもしていて、積極的に体重を減らそうとしていました。ですから痩せてきたことについては、私のダイエットが完璧に機能しているのだという印象でした!」しかし、ディール氏の妻アマンダさんは心配して、医者に診てもらうべきだと考えていました。

続きを読む...

サバイバーストーリー:リン・ホルコム(Stage4) ニボルマブ、イピリムマブ、コビメチニブ

survivor Lynne Holcomb

私は戦い続ける

~治癒に繋がった臨床試験への参加~

著者 リン・ホルコム

2019年8月22日

2015年12月4日にIV期の膵臓がんと診断されました。

•IV期の診断は化学療法につながる
•化学療法を切り替えて副作用に対処する
•がんが再び成長し始める
•臨床試験は違いを生む

続きを読む...

サバイバーストーリー:スコットとスティーブネルソン(BRCA2+)

Letswin Two brothers BRCA

弟の膵臓がんは年上の兄の膵臓がんの早期発見に繋がりました

スコットとスティーブネルソン

2019年6月6日

弟スコットと兄スティーブネルソンは13年離れていましたが膵臓がんと診断されました。兄弟は、自分の家族、特に母親の側にがんが多いことを知っていました。 52歳で乳がんを患った母親は、2002年に遺伝子検査を受けBRCA2遺伝子変異を持っていることがわかりました。弟スコットと兄スティーブも翌年2003年にBRCA遺伝子検査を受け、同様にBRCA遺伝子変異があることを知りました。このネルソン兄弟のストーリーは、兄弟愛と同様に、遺伝子検査と定期的なスクリーニング検査の重要性を教えてくれます。

続きを読む...

サバイバーストーリー:シェリーベイカー(Stage4 ROS1+)

survivor story Shelly Baker

サバイバーストーリー:シェリーベイカー(Stage4 ROS1+)

ゲノム検査は非標準的な膵臓がんの治療(ROS1阻害剤)に導いてくれる

著者 シェリーベイカー

2019年5月10日

•自分達で膵がんについて調べ、治療前に遺伝子検査を受けることに
•臨床試験に入り初回治療を受けることができた
•分子標的療法を含む一連の非標準的治療
•SBRT放射線療法、外科手術、その他の試験薬

続きを読む...

サバイバーストーリー:ロベルタ・ルナ(Stage3)

Survivor Roberta Luna

サバイバーストーリー:ロベルタ・ルナ(ステージ3)

膵臓がんの長期サバイバー

ロベルタ・ルナ氏は16年の膵臓がんサバイバーです。
彼女はステージ3と診断されましたが手術ができませんでした。 ロベルタ・ルナ氏は膵臓がんの統計を怖がりませんでした。家族の支援もあり、膵臓がんと闘うことを選びました。そして、彼女は今日も膵臓がんと戦い続けています。

ロベルタ・ルナ氏のビデオ「膵臓がんと闘い続ける」(英語版)みるにはここをクリックしてください

ロベルタ・ルナ氏の「長期サバイバーとしての膵臓がんとの暮らし」で膵臓がんとの闘いについて読んでください。

続きを読む...

サバイバーストーリー:スティーブ・マーリン(Stage4 BRCA+) 

Survivor Story Steve Merlin 2 small

サバイバーストーリー:スティーブ・マーリン(Stage4BRCA+) 
たくさん生きるために(ゲノム検査がPARP阻害剤に導いてくれる)

2019年2月22日

スティーブ・マーリン氏は、2012年にIV期の膵臓がんと診断されました。膵臓がんの診断に対する最初の反応は驚きでした。彼はそのショックを受け入れるとともに、「何のために生き続けなければならないのか」と自問しました。理由はたくさんありました。

VIDEOは下記をクリック(英語版)
https://youtu.be/Jo8qy0rpV-Q

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story