StudySession

2014年12月23日 すい臓がん勉強会クリスマススペシャル

~古瀬純司先生を囲んで&患者・家族サロン〜

 

東京都文京区シビックセンター, 12月23日午前10時半〜午後4時半
講師:杏林大学 古瀬純司先生

purpleribbon-christmas-tree日本のすい臓がん臨床試験を司る日本臨床腫瘍研究グループのトップであり、すい臓がんの抗がん剤治療を熟知する専門医である杏林大学古瀬純司先生をお迎えして開催するクリスマススペシャルも、今年で4年目を迎えました。



ここ数年で飛躍的に展開してきているすい臓がんの抗がん剤治療。
2012年のジェムスタビン+併用療法、2013年のフォルフィリノックス療法と、多剤併用療法がここ数年の主流になってきます。次の承認に向けてのターゲットえあるナブパクリタキセルやシスプラチンお用いた療法などを今回ご講演いただく予定です。

ご自分の症状にはどの療法がよいのか、質問時間も設けていますので、ご質問いただくことも可能です。

後半は、シビックスカイレストラン椿山荘の昼食の後に、患者サロンを行います。安心して情報交換し、患者・ご家族同士でお話しできる場として、いつもより長めの時間を設定しております。
今年最後の勉強会&サロン、ぜひご参加ください。

 

スケジュール

第1部 10:30-12:30

クリスマス勉強会
『これから期待される抗がん剤治療〜ナブパクリタキセル、シスプラチン、FOLFIRINOXを含む抗がん剤治療』

thumb JFuruse600800

古瀬 純司先生
杏林大学医学部内科学腫瘍科 教授
パンキャンジャパン医学諮問委員


第2部 12:30-13:30

昼食会
※椿山荘のレストランからのお食事

第3部 13:45-16:30 患者・ご家族のサロン

ご参加の皆さまで近況等、情報交換していただく場です。
いつもよりゆったりした時間でお話いただくことができる、
クリスマスならではのサロンです。

  

定員

60名(先着順)

参加費

個人賛助会員 5,000円/一般6,500円
※昼食付
 

会場

文京シビックセンター26F  スカイホール 

lb sky

 

参加方法

事前登録が必要になります。

1)オンライン登録はこちらからご登録ください。application 

2)電話によるお申込み。>>03-3221-1421(火曜〜金曜日:午後1時〜5時)

 

※第1部のみの参加、第3部のみの参加の方は別途ご連絡ください。
※お食事等ご用意がございますのでキャンセルのご連絡をお願いいたします。

※本記事の無断転載を禁じます。転載、リンク、取材のご希望はこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。へお問い合わせください。

 

 

2013年12月21日 クリスマススペシャル膵がん勉強会 古瀬先生を囲んで

クリスマススペシャル膵臓がん勉強会 東京

 
抗がん剤治療をうまくうけて、長生きするために患者と家族が知らなければならない知識とは何か。
最新の抗がん剤治療、副作用の対処方法、医療者とのコミュニケーションなどについて、
日本の膵臓がんの臨床試験、治験を担当されている古瀬先生から詳しく説明していただきます。
古瀬先生は皆様とゆっくり対話できるよう、お一人お一人の時間を重視していることから、
小人数制にしております。お申込みはお早めにお願いします。

 

■講師  古瀬純司先生(杏林大学医学部内科学腫瘍内科 教授)

■日時  2013年 12月 21日(土) 午後 1:00〜 3:00

■場所  アルカディア市ヶ谷(私学会館)
     http://www.arcadia-jp.org/access.htm
     (東京都千代田区九段北4-2-25)

■参加費  *この勉強会は有料です。ご了承ください。
1 パンキャン賛助会員 : 2,500円(賛助会員の家族も同じ)
2 一般(Web会員・ボランティア会員含む): 3,500円

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider