StudySession

勉強会・セミナー

パンキャンジャパンのすい臓がん勉強会・セミナー

 

study session

パンキャンジャパンではすい臓がん患者、そのご家族、医療関係者や一般の方々の方向けに複数のテーマや規模で勉強会やセミナーを日本国内で開催しています。すい臓がんを理解するために、直接対話ができるよう、日本各地の専門家をお招きしての講演会のほか、患者様同士が情報交換をするサロンを設け、様々な角度からすい臓がんを理解する手助けをしています。パンキャンジャパンの特色は、米国パンキャン本部からの最新がん研究と臨床試験情報です。そして、新薬を一日でも早く皆様にお届けするためにパンキャンジャパンでは活動を続けております。

 

現在、パンキャンジャパンならびに協力団体で計画されております勉強会、セミナーなどの開催情報に関しましては、トップメニューのイベントからご参照ください。

2012年1月29日 第2回新春スペシャル 膵がん勉強会

 pic国立がん研究センター 奥坂拓志先生を囲んで

  

新年最初の、東京での勉強会です。膵臓がんの診断、抗がん剤治療、副作用の対応方法(セルフケア)、食事の工夫など、ご一緒に勉強してみませんか?

病院ではちょっと尋ねにくい質問や、他の患者さんがどのように対処されているのかなど、さまざまな気づきがあることと思います。

 

日時  2012年1月29日(日)10:00~12:00

場所  アルカディア市ヶ谷(私学会館)http://www.arcadia-jp.org/access.htm

    東京都千代田区九段北4-2-25 TEL(代表)03-3261-9221

会費  パンキャン賛助会員:2,500円(賛助会員の家族も同じ)

    一般(Web会員・ボランティア会員含む):3,500円

講師  奥坂拓志先生(国立がん研究センター中央病院 肝胆膵腫瘍内科)

    松原弘樹先生(国立がん研究センター中央病院 栄養管理室)

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider