immunotherapy lets win

海外ニュース:免疫療法の効果改善を目的とした2つの臨床試験

2021年12月2日

膵臓がんの生物学は、免疫療法が効果的になることを難しくしています。
この病気は免疫学的に「冷たい」と呼ばれることが多く、これは簡単に言えば、免疫系を覆す方法をがんが開発したことを意味します。星状細胞、線維芽細胞、免疫細胞、細胞外マトリックス(ECM)、その他の免疫抑制分子など、膵臓がんに固有の多くの要因が、免疫反応を引き起こすための最適な条件とは言えない、免疫細胞が膵臓がんに対応できない環境を作り出します。

しかし、それは免疫療法が将来にわたり膵臓がんには機能しないという意味ではありません。研究者たちは、この研究を通して、難しい病気における免疫療法の有効性を高めるのに役立つ新しい道を模索しています。

ジョンズホプキンス大学病院(メリーランド州ボルチモア)で進行中の臨床試験は、膵臓がんの免疫学的に「冷たい」状態が固定されていない可能性があることを示唆しています。たとえば、ホプキンス大学で開発された癌ワクチンは、これらの腫瘍を「熱い」腫瘍に切り替えることで、チェックポイント阻害剤および他の種類の免疫療法への扉を開くことが期待されています。

ジョンズホプキンスで行われている2つの新しいワクチン試験は、ラストガーデン財団の臨床加速イニシアチブプログラムの一部で、このプログラムは、コンセプトから研究の開始に移るのに必要な時間を短縮する方法です。新しい臨床研究の開始に焦点を当てることにより、最も有望な研究の進歩と新しい治療が可能になることを保証することを目的としています。また、この短縮された時間枠で可能な限り多くのデータを生成する、よりスマートな臨床試験の開発にも役立ちます。

ジョンズホプキンスでの2つの研究は、腫瘍学の教授であり、シドニーキンメル総合がんセンターの副所長であるエリザベス・ジャフィー医学博士(Elizabeth Jaffee, M.D.)と彼女の研究室チームの研究に基づいています。新たに資金提供された両方の研究では、免疫系を標的とするワクチンと薬剤の新しい組み合わせを調べて、免疫療法に対する膵臓腫瘍の耐性を克服できるかどうかを判断します。 1つの研究は転移性患者を対象とし、もう1つの研究は手術の対象となる患者を対象とします。

 

転移性疾患および免疫療法の研究

転移性疾患の患者の場合、免疫療法研究では薬剤の組み合わせを使用し、患者は異なる治療群に割り当てられます。これらの非盲検サブスタディは、免疫チェックポイント阻害剤によるT細胞浸潤と活性化を促進するために腫瘍微小環境を再プログラミングする際に、それぞれ異なる作用機序を持つ骨髄間質標的薬剤の成功を評価するように設計されています。多くの癌では、これらの免疫チェックポイント分子はT細胞の「オフスイッチ」のように機能し、免疫応答をオフの状態にします。

この研究では、リステリア・ワクチンも使用します。リステリア菌はワクチンの反応を増強し、多くの膵臓がんに共通する免疫細胞警告抗原または腫瘍の特徴であるメソセリンを発現するように設計されています。マスタープロトコルは、登録基準と生物試料の収集を標準化し、新しい仮説とエージェントのさまざまな組み合わせの迅速な試験を容易にするために使用されます。提案されているサブプロトコルは、CRS-207、ペムブロリズマブ、イピリムマブ、およびタダラフィルの組み合わせです。

調査員は、ジョンズホプキンスの腫瘍学教授であるダン・リー医学博士(Dung Le、M.D)と、ジョンズホプキンスの腫瘍学の助教授であるキャサリン・メリルビーバー医学博士 (Katherine MerylBever、M.D)です。

 

切除可能な膵臓癌および免疫療法の研究

他の研究は、切除可能な膵臓癌のネオアジュバントおよびアジュバント療法として、GVAXワクチン投与の有無にかかわらず、ニボルマブと抗IL-8抗体の免疫療法の組み合わせに焦点を当てています。 GVAXワクチンは、エリザベス・ジャフィー博士とダニエル・ラヘル博士(Daniel Laheru、M.D.)によって、膵臓がん臨床研究と患者ケア・スキップビラグセンター(Skip Viragh Center for Pancreas Cancer Clinical Research and Patient Care)で開発されました。それは免疫系を過充電し、癌に耐性がある傾向がある免疫細胞に、全身の膵臓癌細胞を探し出して殺させます。このワクチンは、放射線治療を受けた患者の膵臓がん細胞を使用して、それらの細胞の増殖能力を阻害します。これらの細胞はまた、GM-CSFと呼ばれる分子を分泌するように遺伝子的に改変されています。このGM-CSF分子は、免疫細胞を腫瘍ワクチンの部位に引き付けるための誘導要因として機能します。そこでは、放射されたがん細胞の表面にある抗原と呼ばれるタンパク質に免疫細胞が遭遇し、同じ特徴のあるがん細胞を攻撃します。これらの新たに武装した免疫細胞は、患者の体の残りの部分をパトロールして、まだ残っている循環する膵臓がんの細胞を破壊します。膵臓がんは膵臓の外で見つかることが多いため、このワクチンにより、医師は他の治療法から逃れる可能性のある微小ながん細胞を標的にすることができます。

ニボルマブは、PD-1に結合し、PD-1 / PD-L1相互作用によって媒介されるシグナル伝達を遮断する抗体です。また、PD-1 / PD-L2相互作用によって媒介されるシグナル伝達をブロックします。このプロジェクトの全体的な目標は、腫瘍関連好中球の輸送を阻害することで、膵臓がんにおける高「量」および高「品質」のエフェクターT細胞の輸送と機能に対する障壁を克服するという仮説を検証することです。

ジョンズホプキンスの主任研究員は、膵臓がん精密医療センターオブエクセレンスプログラムの共同ディレクターであり、腫瘍学の教授であるレイ・チェン博士(Lei Zheng、M.D.、Ph.D)です。

 

(Source: Promising science-Let's Win Lustgarten Foundation)

https://letswinpc.org/promising-science/2021/12/02/immunotherapy-trials-to-make-therapy-more-effective/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<免責事項>この医療ニュースは、最新の膵臓がん研究・臨床試験を紹介する目的で書かれています。特定の治療法や薬の使用を推奨するものではありません。ご自身の病状については、担当医とよく話し合ってください。このウェブサイトの情報を利用して生じた結果についてPanCANJapanは一切責任を負うことができませんのでご了承ください

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider