asco2022

ASCOニュース:K-RAS野生型の局所進行または転移性膵臓癌にゲムシタビンとニモツズマブの併用療法

~前向き無作為化多施設共同第III相臨床試験~

2022年6月3日

Shukui Qin、etal。

膵臓がんは、進行した段階で診断されると最も致命的な悪性腫瘍の1つであり、現在の治療レジメンは効果がなく、全生存期間(mOS)の中央値はわずか6〜8か月です。本研究は、局所進行性または転移性膵臓がんのK-Ras野生型患者におけるゲムシタビンと組み合わせたニモツズマブ(抗EGFRヒト化モノクローナル抗体)の臨床的有効性と安全性を評価しました。

方法:局所進行性または転移性膵臓がんの患者は、ニモツズマブ(400 mg、1週間ごと)、続いてゲムシタビン(1、8、および15日目に1000 mg / m2、4週間ごと)、または進行するまでプラセボとゲムシタビンを投与するように無作為化されました。主要評価項目は全生存期間(OS)であり、副次評価項目には無増悪生存期間(PFS)、客観的奏効率(ORR)、および安全性が含まれていました。制限付き平均生存時間(RMST)-ログ関数を使用して、比例ハザードの仮定が正しくない場合の生存利益を分析します。

結果:合計92人の患者がランダムにニモツズマブ+ゲムシタビン(n = 46)またはプラセボ+ゲムシタビン群(n = 46)に割り当てられました。完全な分析セット(FAS、n = 82)では、全生存期間mOSはニモツズマブ+ゲムシタビン群で有意に伸びていた(10.9対8.5か月、RMST-Logテストによるp = 0.025、ハザード比[HR]、0.50、95%信頼区間[CI]、0.06〜0.94)。 1年生存率は、ニモツズマブ+ゲムシタビン群で43.6%、プラセボ+ゲミシタビン群で26.8%、3年で13.9%対2.7%でした。サブグループ解析では、胆道閉塞の治療を受けていない患者(11.9 vs. 8.5か月、HR = 0.54、95%CI 0.33-0.88、p = 0.037)および手術歴なし(15.8 vs. 6.0か月、HR = 0.40、 95%CI 0.19-0.84)の生存期間が伸びていました。無増悪生存期間(mPFS)の中央値は、ニモツズマブ+ゲムシタビン群で4.2か月であったのに対し、プラセボ+ジムシタビン群では3.6か月でした(HR = 0.56; 95%CI、0.12〜0.99; p = 0.013)。また、胆道閉塞の治療を受けていない患者は、有意に長いPFSを示しました(5.5か月対3.4か月; p = 0.008)。 2つのグループ間でORRに統計的差異はありません(p> 0.05)。ニモツズマブは安全であり、ニモツズマブ+ゲムシタビン群の有害事象の発生率はプラセボ+ゲムシタビン群と同様でした。 ニモツズマブ+ゲムシタビン群で最も一般的なグレード3の有害事象(TRAE)は、好中球減少症(11.1%)、白血球減少症(8.9%)、血小板減少症(6.7%)でした。グレード4のTRAEはありませんでした。

結論:ニモツズマブとゲムシタビンの併用は、K-Ras野生型局所進行性または転移性膵臓癌の患者で、特に胆道閉塞の治療を受けていない患者のOSおよびPFSを増加させました。ニモツズマブの安全性プロファイルはプラセボと同様でした。

臨床試験情報:02395016。

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider