Temozolomide MSDCapecitabine150mg Roche

ASCOニュース:進行PNET患者を対象としたテモゾロミドまたはテモゾロミドとカペシタビンのランダム化試験

有効性と治療法との関連の最終分析(ECOG-ACRINE2211)

 

背景:進行した膵神経内分泌腫瘍(PNET)の患者には、客観的な腫瘍反応をもたらす治療選択肢がほとんどありません。後ろ向き試験および小規模な前向き試験は、カペシタビンとテモゾロミドの併用が高い奏効率(RR)と比較的長い無増悪生存期間(PFS)に関連していることを示唆しています。この試験は、カペシタビンとテモゾロミドの併用の役割を確立するために実施されました。

 

方法:この試験は、進行した膵神経内分泌腫瘍の患者を対象としたテモゾロミドとカペシタビン+テモゾロミド併用療法を比較した多施設無作為化第II相試験でした。適格基準には、転移性または切除不能、低または中等度の膵臓NETが含まれ、過去12か月以内の進行があること、および以前にテモゾロミド、DTIC、カペシタビン、または5-フルオロウラシルの治療を受けていないことが条件です。主要エンドポイントは無憎悪生存期間(PFS)でした。副次的評価項目は、全生存期間(OS)、奏効率(RR)、安全性、および免疫組織化学(IHC)およびプロモーターのメチル化によって評価されたMGMTでした。5%の不適格性を考慮して、145人のランダム化された患者から138人の適格な患者を取得する必要がありました。全体の0.20有意水準で81%のパワーによる両側ログランク検定を使用して、単剤群9か月と併用療法群14か月のPFS中央値の差(ハザード比0.64)を検出しました。

  単剤群:テモゾロミド(200 mg / m2 PO QD 1〜5日目)
  併用療法群:カペシタビン+テモゾロミド併用療法(カペシタビン750 mg / m2 PO BID 1〜14日目、テモゾロミド200 mg / m2 PO QD日数)

結果:2013年4月から2016年3月の間に144人の患者がテモゾロミド(n = 72)単剤群またはカペシタビン+テモゾロミド(n = 72)併用療法群に登録されました。有効性分析の母集団には、133人の適格な患者が含まれていました。 2018年1月に予定された中間分析では、PFSの中央値はテモゾロミドで14.4か月であったのに対し、カペシタビン/テモゾロミドでは22.7か月であり(HR = 0.58)、この最終的な主要エンドポイントの帰無仮説を棄却するのに十分でした(層別ログランクp = 0.022最終分析(2021年5月)では、全生存期間中央値はテモゾロミドで53.8か月、カペシタビン/テモゾロミドで58.7か月(HR = 0.82、p = 0.42)、奏効率はテモゾロミドで34%、カペシタビン+テモゾロミドで40%でした(p = 0.59)。カペシタビン+テモゾロミド群はグレード3〜4の有害事象(AE)の発生率が高いことに関連していました(45%対22%、p = 0.005)。低IHCまたは陽性プロモーターメチル化のいずれかとして定義されるMGMT欠損症は、応答のオッズが高くなることと関連していました。(OR [95%CI] = 6.38 [2.19、18.60]および9.79 [1.09、87.71])。

結論:この(E2211)試験は、カペシタビン+テモゾロミドの最初の前向き無作為化試験であり、前向き無作為化試験で膵NET患者について報告された最長の無憎悪生存期間(PFS)と最高の奏効率(RR)を示しています。 MGMT欠損は、客観的な反応の可能性が高いことに関連していました。

臨床試験情報:NCT01824875

 

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider