臨床研究:「遺族の抑うつに対する行動活性化療法の予備的検討に関する研究」
この研究では 、「抑うつ軽減効果があるがん患者のための行動活性化療法がご遺族に対しても有用で安全に実施できるか」 について調べます。

がんでご家族を亡くされたご遺族を対象にした支援プログラム開発のための研究で、研究参加者(ご遺族)を募集しています。どうぞお気軽にお問合せください。

 

この研究について
・死別によって閉じこもりがちな生活から、ご自身の大切にしていきたいことをご一緒に整理し、少しづつ望んでいる行動を始められるように支援します。
・行動活性化療法という行動に焦点をあてたプログラムです。
・事前面接とプログラム7回で 約2-3か月かかります。
(1-2週間に1回の頻度で毎回50分の面接と10分の課題)
・対面参加(お越しいただく)かオンライン参加 (Web会議)のどちらかを選べます。
・終了後(2週間後と3か月後)にアンケートにお答えいただきます。
・参加は無料です。(交通費は実費、謝礼あり)
・参加人数 20名

この研究では 「抑うつ軽減効果があるがん患者のための行動活性化療法がご遺族に対しても有用で安全に実施できるか」 について調べます。

この研究について
・死別によって閉じこもりがちな生活から、ご自身の大切にしていきたいことをご一緒に整理し、少しづつ望んでいる行動を始められるように支援します。
・行動活性化療法という行動に焦点をあてたプログラムです。
・事前面接とプログラム7回で 約2-3か月かかります。
(1-2週間に1回の頻度で毎回50分の面接と10分の課題)
・対面参加(お越しいただく)かオンライン参加 (Web会議)のどちらかを選べます。
・終了後(2週間後と3か月後)にアンケートにお答えいただきます。
・参加は無料です。(交通費は実費、謝礼あり)
・参加人数 20名

この研究では 「抑うつ軽減効果があるがん患者のための行動活性化療法がご遺族に対しても有用で安全に実施できるか」 について調べます。

【お問い合わせ先】
お問い合わせ先 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
研究代表者 浅井 真理子 日本医科大学医療心理学教室 〒180-0023 東京都武蔵野市境南町1-7-1

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider